和菓子の文化、魅力

JNCH94和菓子-1

日本に古くからある和菓子には、もはや芸術品とも呼べる、美しいものがあります。

特に、城下町などでは、創業以来100年以上のお店などが、多く存在していて、そのお店の名物もあります。

茶の湯のときに、いただく和菓子には、その季節を感じさせるものがあり、題名などいわれのあるものがあり日本文化に触れることもできます。

日本の年中行事、ひな祭り、のひしもち、五月の節句のかしわもち、ちまきなど、その行事にちなんだ和菓子も多く存在します。

日本全国各地の名産には、必ず和菓子があり、お土産として良く購入されます。

また、歴史的ないわれがあったり、かつての戦国武将のお気に入りであったり、歴史の好きな人にはもってこいです。
上生菓子というものは、すべて、職人さんの手作りで、基本的に使用されているものは、健康的な、材料で洋菓子よりもカロリー控えめアレルギー物質の、小麦粉、や卵、牛乳の全く使われていないものの方が多く(中には、使われているものもあります)安心して甘いものを食べることが出来る、ヘルシーなお菓子と言えます。

おいしい抹茶、または、緑茶とともにいただく和菓子は格別です。

みたらし団子のように、庶民的な和菓子もおおく、出来立てのアツアツを、いただくようなお店も多くあります。

そういお店は、大概店頭で焼かれていたりしますので、良い香りがただ寄ってきます。

温泉街で売られている、その場で、せいろで蒸して、湯気の立ったあつあつの温泉まんじゅうなど、ついついてがのびてしまいます。

最近では、洋菓子とのコラボレーションで、大福の中に、生クリームの入ったものや、チョコレートを使ったおまんじゅうなど多様になってきています。

また、和菓子のおおくは、そのパッケージに使われている、和紙や、その名前を、毛筆の文字で書かれていたりデザインもとても洗練されています。

焼き菓子、ようかんなどは、日持ちも良く、贈り物にもよろこばれます。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top