富士山山開き2014!注意点とマナーは?

富士山山開き

昨年、世界文化遺産に登録された富士山。

今年もいよいよ富士山の山開きシーズンがやってきました。

登山ブームと世界遺産登録が重なったことにより、登録初年度の昨年は登山者も急増して様々な問題点も指摘されました。

昨年の問題点を整理しながら、今年の富士登山の注意点をまとめてみたいと思います。

富士世界遺産
引用元:御殿場市

 

2014富士登山の変更点

今年の富士登山解禁の日程は、登山口により異なります。

  • 山梨県側(吉田口) 7/1(火)~9/14(日)
  • 静岡県側(富士宮口・須走口) 7/10(木)-9/10(水)

静岡県側は7月10日解禁ですのでご注意下さい。

また、昨年テスト導入を行った入山料も、今年から富士山保全協力金として1,000円を任意で徴収することも決まっています。

参考資料>>J-CASTニュース

観光資源でもある富士山を守る為にも、登山者の方々にご協力を呼びかけたいところでもあります。

 

世界文化遺産登録により、増加する登山者と指摘される問題点

富士登山者

富士登山をする人は、ここ数年で急増加しています。

報道発表資料:平成25年夏期の富士山登山者数について

そして今年も旅行会社各社では、富士登山ツアーを多数企画しています。

また外国では「FUJIYAMA」として親しまれる富士山です。

登りたいと考える外国人観光客も増えてくることが十分予想されます。

昨年は30万人以上の方が登山した中で、様々な問題点も指摘されました。

 

利用者が守るマナーと登山時の注意点

富士山マナー
引用元:静岡新聞

年間で30万人以上の登山者が訪れる富士登山道、当然ながら利用者のマナーが問われます。

ゴミの問題、山小屋での宿泊マナーなど公共の場でのマナーは必要です。

特に富士登山は初心者の登山者が多く、登山上のマナーも問題点として挙げられました。

そこで、初心者の方に向けた登山時のマナーや注意点を整理してみました。

【マナー】

  • 登山者とすれ違う時は、登りが優先です
  • ごみは捨てずに必ず持ち帰りましょう
  • 登山道の外に出ないようにしてください
  • 夜の山小屋では、大きな声を出さないようにしましょう
  • トイレはきれいに使い、紙は持参しましょう

公共の場所でのマナーを守ることが、観光地として栄えることにもつながりますし、世界遺産を守ることにもつながります。

【登山時の注意点】

  • 山頂付近はとても寒いですから、必ず防寒着を着用しましょう
  • 直射日光対策に、帽子やサングラスを持参しましょう
  • 靴は登山靴を履くとベストですが、履き慣れた運動靴を履く場合は底の厚いものを履きましょう
  • 岩場が多い為、軍手や手袋を着用しましょう
  • 雨具は忘れずに、酸素ボンベ等の応急用品も持参しておくことが最良です。
  • 弾丸登山は避けて、ゆとりを持って登山に臨みましょう

こちらのサイトでは、とても分かりやすく注意点や準備品を紹介していました。

>>富士登山のマナー

公式サイトでも富士登山の注意点が記されていますので、よく確認の上で登山に臨んで下さい。

参考資料>>富士登山オフィシャルサイト

富士山に限らず、山の事故は毎年数多く発生しています。

現在、ボランティアの方々をはじめ富士登山の事故防止に努めている方も沢山いらっしゃいますが、登山者一人ひとりが登山知識を学んで富士登山に臨むことが大切です。

 

富士山絵
引用元:最新トレンドニュースで考える

富士山の美しさは、日本人が昔から守ってきた財産です。

富士登山者の増加により、古来から守り続けてきた富士の美しさがそのなわれることがあってはいけません。

日本の美、富士山の美しさを未来に残す為にも、マナーを守って富士登山を続けていくことがとても大切です。

美しさだけでなく、登りきった時の充実感も未来に残していける努力も続けていきましょう。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top