【LCC】他社とのサービスの違いとは?

LCCのサービス違い2

最近になり、LCC(ローコストキャリア)と呼ばれる言葉がはやっています。

旅好きの人なら、ご存知かもしれませんが、これは「格安航空会社」のことです。

先着のセールですが、「東京~沖縄まで、3000円」なんて目を疑うような、チケットも存在します。

このような状況ですと、「大手航空会社を使う意味があるのか?」と考えてしまいますね。

今回はこのLCC(ローコストキャリア)を紹介しつつ、大手航空会社との比較などをしてみたいと思います。

 

LCCはたしかに安い!!でも長距離だったら、大手航空会社の方が良い

大手航空会社に比べて、格安航空会社の値段は、魅力的です。

例えば、通常ヨーロッパに行くのに、10万円以上はかかります。

しかしLCCだと3万円前後でチケットが売りに出されるケースがあります。

ただ、LCCの場合、大手では当たり前のようについているサービスが有料の場合があります。

食事、毛布、映画や音楽などの娯楽です。そして、何より、機内が狭い。

LCCは安くサービスを提供する分、多くのお客を乗せないといけません。大手よりも多くの人が乗れるような構造になっています。

つまり、何十時間ものフライトをしなければいけない場合は、LCCは窮屈に感じる人もいるのではないかと思います。

 

荷物の重量については相当気にしないといけない

大手は荷物に関しては、多少オーバーしても、多めに見てもらえるケースが多いです。

しかし、LCCの場合は制限が厳しく、ちょっとのことで追加料金を払わなければいけない場面に遭遇します。

これは、単に「取れるとこで料金を取る」といった発想ではなく、「格安な価格設定を維持するための企業努力である」と言えます。

LCCは燃料までも、低い水準で抑えています。

つまり、『お客の数』と『荷物の重量』で燃料の量を決めているのです。

そのようなギリギリの状態ですから、荷物の重量が増えたり減ったり、大きく変動でしてしまったら、大変なことになってしまいます。

そのため、荷物の重量制限を厳しく、オーバーしたら高い追加料金を支払うシステムを組んでいるのです。

LCCに乗る場合、荷物を少なくする工夫が必要なのです。

もしもそこまで気にしながらフライトをしたくないのであれば、大手の方が快適だと思います。

 

滞在日数の指定がないとこが多い。

LCCは片道で売られています。

そのため、「この日までに帰らないといけない!!」といったことを気にしなくて済みます。

これは、バックパッカーなど、長期旅行者にとっては良い話だと思います。

しかし、ヨーロッパ圏、特に、最近のイギリスなどは、移民問題などで入国管理が厳しく、帰りのチケットを持ってないと入国拒否にあってしまう場合があります。

ここは対策を考えないといけませんね。

 

いかがでしょうか?

LCCと大手を中心に比較してみましたが、LCCの中でもサービスの違いはあります。

電話予約がダメで、Webのみであったり、だいたい機内食は有料なのですが、軽食のみ無料で提供されたり。

いまのところ、日本ではLCCの存在すら知らない人が多いので、大手を圧倒するほどではないのかもしれません。

今はLCCと大手の併用が良いと思います。

しかし、今後はLCCが優勢で、サービスが向上することもあると思います。

なぜなら、今後の日本の成長産業は、ITでも、製造業でも、建設業でもなく、観光業だからです。

日本だけではなく、世界的に観光業がトレンドであると言えるのかもしれません。

テクノロジーの進化によるフラット化。さらに先進国の衰退による金融システムの不安。

このような状況ですと、世界的に中間層が崩れさり、一部のお金持ちと、大多数の貧乏人に「世界は二極化」します。

そうなると、贅沢品は売れなくり、お金を使わずに「遊ぶこと」「食べること」を人々は考えるようになるのです。

ルイ・ヴィトンのバッグは「お腹と心」を満たしてはくれません。現に金融危機後のヨーロッパはそのような感覚でした。

今の日本は、様々な問題を抱えていて、かなりのピンチです。海外からお金を集めないといけない局面にあります。

しかし相対的に国際競争力が弱い。ITではシリコンバレーが強力ですし、製造業では中国を含めたアジア諸国が強力です。

かなり身動きがとれない状況であると言えます。

しかし、同じ金融危機に直面したイタリア・スペイン・フランスなどを見ると、その活路は見えてきます。

それが『観光業』なのです。

たしかに、これらの国は日本以上に移民を多く受け入れている国で、さらにEUと呼ばれる共同体の恩恵を受けています。

比較対象にならないかもしれません。

しかし、日本と同じ、独自の言語圏を持ち、おまけに不況です。

日本にもこれらの国と同じく、世界中から観光客を呼び寄せられる潜在的な力はあると思います。

特に、綺麗な自然や、美味しい日本食は、かなりの可能性を秘めています。

すでに、先見の明のある人は、世界に向けて、日本をアピールし始めています。

政府もおそらく、彼らのような人々をバックアップせざるおえない状況になると思います。

それに伴い、観光客が増え、結果としてLCCが日本でも主流になるのではないかと思います。

みなさんは、どのようにお考えですか?



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top