日本人が海外に誇るべき自動車の運転マナー

JNCH407日本が海外の誇る運転マナー

よく日本人は海外に行っても現地の運転免許証の習得に苦労しないと聞きます。日本語以外の言葉でテストを受け、場所によっては実地試験もあるのになぜみんな日本の免許証を持っているならそんなに心配しなくても免許証が取れると言うのだろうと疑問で仕方ありませんでした。

アメリカに来る前に国際免許証を取りましたが、居住の場合は現地の免許証を習得しなければいけないという事で、筆記試験はもちろん英語だったのとかなりの厚さのハンドブックを読み込まないといけなかったので猛勉強しました。それと同時に実地試験も受けなければいけなかったので幸い国際免許証も持っていたことから、主人に助手席に乗ってもらいあまり交通量のない道を行ったり来たり、2週間ほど練習しました。

いざテストを受けると、筆記試験はコンピューターでの4択問題。うる覚えだった箇所ばかり出て落ちてしまいました。10ドル払えばもう一度すぐに受けられるということで間違えた箇所を忘れてしまわないうちにともう一度チャレンジ、見事合格しました。すぐに実地試験の続けて受けられるということでそのまま実地試験。試験所の近所を一周。最後に駐車して出るという15分くらいの短時間なものでした。途中で3ポイントターンという難関はありましたが、基本は一時停止をちゃんとしているか、ウインカーを出して曲がっているか、安全に道に出られるかといったところでしょうか。地域にもよると思いますが、私の受けた所は本当に簡単に免許証が取れてしまい、噂に聞いていた通りの結果でした。

免許証も取り、いざ一般道で運転するととっても恐ろしいんです。日本での運転も10年以上していたのである程度は運転出来ると思っていましたが、自分が気をつけて運転していても周りもきちんと運転していなければ安全な訳がありません。まずびっくりするのはウインカーを使わず運転するのが当たり前なくらいウインカーの合図を出さずに曲がる人、車線を変える車が多いこと。ひどい時なんてウインカーの合図が出ている方向と逆に曲がってしまうことも。高速道路を走るとかなりのスピードが出ているにも関わらず車間距離をあまり取らずに走るのは当たり前で、そこへ車線を変える車がウインカーの合図なしに割り込むなんて普通のことなんです。日本在住経験のあるアメリカ人の友人は運転者が他の車の動きを感じ取ってどっちへ行くのか予想して運転しないといけない。それが常識だと思っていて危ないと言っていました。日本だったらあり得ないと思ってしまいます。

割り込みはもちろん事故の元ですし、車の運転がまるで人ごみを縫うようにどっちへ行くのか周りにも告げずに走る。曲がるときもウインカーの合図無しなんて恐いですよね。車検が日本のように無いからか、ウインカーの電球が切れているなんていうのもよくあります。何の為に車についている機能なのかそもそも分かっていません。

無理な所を入れてもらったらハザードをだしてありがとうの合図までする日本人の礼儀の正しさ。曲がるときは必ずウインカーの合図を出し、車線変更も早めにウインカーで合図する。こういった基本ルールを守る日本人って素晴らしいと思います。日本人の運転技術は世界に誇れるものだと実感しています。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top