日本のマチュピチュ(大分県宇佐市)

JNCH268日本のマチュピチュ

最近TVでも取り上げられた大分県宇佐市にある日本のマチュピチュについて説明させて頂きます。

宇佐市は大分県の北部に位置する緑豊かな都市ですが、最近話題になっているのが「日本のマチュピチュ」と呼ばれている、宇佐市院内町西椎屋です。

私は隣接する市に住んでいますので休日などちょっとドライブしようかなと思うときは結構ドライブルートに入れます。特に晩秋は紅葉が素晴らしいです。同じ大分県には中津市耶馬溪町の紅葉が紅葉の人気スポットとして有名ですが、私はこの院内町西椎屋の紅葉の方がずっと綺麗だと思っていました。

正直何がある訳ではありませんが、その景色・景観は本当に落ち着くというか心癒されますね。宇佐市の中心地から車を20分位走らせていると段々その景色は現れます。信号もほとんどなく軽快に運転していると、徐々に高度が上がって行き、結構高くなったなーっと思っていると目の前に何とも言えないと言うか、言葉では言い表しようのない山と田んぼと小さな民家の融合。

どうしても車を止めてしまいます。

時代がここだけ違うのか?って思ってしまうほど私は心癒されます。

空気も綺麗だし車を一度止めて空気を感じる事をお勧めします。

そこから更に車を走らせると、童話の里で有名な玖珠町に抜けますが、その途中の山あいの景色も十分に楽しめます。玖珠町に出るまではコンビニやお店はありませんがトイレは途中にあります。

玖珠町には温泉もありますし、マチュピチュを見てそのままUターンして院内町、安心院町の温泉を楽しむことも出来ますので大分県に来た際には一度は来て見る価値はあると思います。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top