屋久島が神秘的すぎる!

JNCH254屋久島神秘

日本のあまたの観光スポットの中で私が特にオススメしたいのが、鹿児島県にある『屋久島』。たくさんの自然にあふれた美しい島です。

もちろん一番有名なのは縄文杉!会いに行くまでには相当の時間と体力を必要としますが、それを差し引いても一度は会いに行きたい壮大な生命体です。

縄文杉に会いに行くにはまず早起きから。朝の5時にはホテルを出発します。ほとんどのホテルから登山口となる荒川口まで送迎シャトルバスがでているので、安心です。

登山に必要な装備も予約が必要ですが、現地ですべてそろいます。何より忘れてはいけないのはお昼ご飯のお弁当!きちんと予約をして各ホテルで用意してもらって下さいね。

登山口に着くとそこからしばらく平坦なトロッコ道を歩きます。運がよければ未だに使われているトロッコとすれ違うこともあります。2、3時間はある道のりですが、まだまだ体力を使うのはこれから。のんびり自然を楽しみながら大株歩道入口まで歩きます。大株歩道入口からは本格的な登山になります。

しかしここからが貴重な杉たちに出会える場所です。豊臣秀吉が伐採を指示したというウィルソン株では内部に入って写真を撮ることができます。女王杉や夫婦杉など縄文杉に負けない杉たちも道々に立っています。這うようにして登らなければいけない道もあるほど険しい道ですが、最後に待っている縄文杉に出会った時、その苦労はすべて吹っ飛ぶこと間違いなし!

自然遺産にも選ばれている屋久島ですが、近年観光客のマナーの悪さにより、規制がかかるようになりました。以前は触れることができた縄文杉も今は回りにロープと足場が組まれ、直接触れることはできません。今は内部から写真を撮ることができるウィルソン株もいつ規制がかかるかわかりません。ぜひ思い立った時に会いに行って頂くことをオススメします。

縄文杉だけではなく屋久島には他にも『大川の滝』や一日に2時間しか姿を現さない『平内海中温泉』などオススメの観光地がたくさんあります。縄文杉に会いに行った後はぜひレンタカーを借りて島を一周して下さいね。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top