【海外で人気】エクストリームけん玉って? 販売ショップ一覧

エクストリームけん玉

昔ながらの日本の玩具の一つに”けん玉”があります。

けん玉に対して古風なイメージをお持ちの方も多いと思いますが、そのけん玉が近年若者を中心にしかも世界的ブームを巻き起こしているのをご存知ですか?

”エクストリームけん玉”と呼ばれ、国内、海外で人気を集めています。

今回はエクストリームけん玉の現状、そして販売店やショップ情報等をご紹介したいと思います。

 

けん玉の歴史

けん玉
引用元:サキドリ隊

けん玉は日本の玩具と言われていますが、物と球を糸で結んだ玩具は昔から世界各地に存在していました。

日本の歴史上に”けん玉”が登場したのは江戸時代。

明治に入り文部省発行の書籍に紹介され、子どもの玩具として普及し始めました。

大正に入り”日月ボール”という商品が発売され、この商品が現在のけん玉の原型です。

 

エクストリームけん玉とは

エクストリームけん玉とは、一体どんなけん玉なのでしょうか?

まずは、こちらの映像をご覧下さい。

けん玉そのものは若干オシャレになった程度で、他に変わりはありません。

エクストリームけん玉という定義そのものはないのですが、映像を見てわかるとおり音楽に乗せてけん玉を楽しむストリートパフォーマンスのことを指して”エクストリームけん玉”と呼んでいます。

発祥の歴史は浅く、2010年です。

2010年頃、米国の若者が日本から持ち帰ったけん玉をヒップホップ系の音楽に合わせて様々な技を披露する様子を動画サイトに投稿、これがきっかけでKENDAMAが新たなストリートパフォーマンスとして認知されるようになり、海外で急速に認知されるようになった。

ネットを通じて加速的に普及したエクストリームけん玉ですが、すでにワールドカップも開催されています。

選手権
引用元:けん玉ワールドカップ 廿日市2014 公式ページ

こうして急速に普及が進んでいるエクストリームけん玉に、マスコミも注目しています。

>>エクストリームけん玉の紹介&メディア登場リスト – GLOKEN

 

エクストリームけん玉の 販売ショップ一覧

kendamausa
引用元:キット

けん玉は日本古来の玩具、古風なイメージがあり、若者があこがれる存在ではありませんでした。

しかしエクストリームけん玉のデザインは、原形を留めつつもそこにオシャレ感が加わり人気を集めています。

そのエクストリームけん玉はどうやって手に入れるのでしょうか?

オンラインショップでの販売が主流のようで、主なショップをまとめてみました。

GLOKEN(一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク)は、けん玉を国際的に普及し世界規模のつながりを推進している団体として2012年に誕生しました。

エクストリームけん玉の業界を牽引する、そのGLOKENが運営するお店です。

アメリカで人気のけん玉を販売するネットショップです。

エクストリームけん玉発祥の地、アメリカで人気の商品を購入することができます。

また”KENDAMA USA”の商品取扱店舗一覧も掲載されていましたのでご紹介致します。

  • 株式会社ドン・キホーテ
  • 株式会社山新
  • 株式会社サンワドー
  • 株式会社日敷
  • 株式会社マルシメ
  • ホームセンタービックジョイ
  • スポーツオーソリティ

皆さんご存知の”ドンキホーテ”が一番身近なお店かもしれません。

 

 

けん玉は日本の玩具のイメージをお持ちの人が多くいます。

しかし冒頭の歴史で紹介しました通り、昔から似たような玩具が世界各地で存在していました。

21世紀に入り日本のけん玉がアメリカに渡り現代風にアレンジされ、世界に広がってきている背景には国境を問わず人間の潜在意識の中にけん玉の楽しさに共感するものがあったからなのかもしれません。

エクストリームけん玉は、日本の文化を世界向けにアレンジしたヒット商品と言えます。

けん玉の他にも固定概念を外して考えることで、世界から評価される日本の文化もあるはずです。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top