日本における独特の屋台文化とは?

JNCH129屋台文化

日本では、屋台と言えば縁日やお祭りの夜店を思い浮かべる人が多く、非日常的なものであるという印象が強い。このイメージは、屋台が決して特別なものではなく、日常的に利用する身近な存在である東南アジアや台湾とは対照的である。

日本の屋台は、江戸時代に端を発する。この頃は、屋台とは普段ちょっとした食事をとる場所であり、アジアにおける屋台のそれに近いものだった。寿司やそば、天ぷらなどが短時間で提供され、庶民は気軽に屋台を利用していたという。

第二次世界大戦後から、屋台は闇市などで広がり、正月の寺社や縁日にも多くの店が出されるようになった。品目もバリエーションが豊富になり、たこ焼き・焼きそば・綿菓子など現在の屋台で見られるものが出現し始める。

しかし、日常的に食事をする場所としての屋台は少しずつ減少していった。博多など屋台街がある特定の地域や線路の高架下などでは今でもラーメンなどの屋台が残っているが、街のどこにでもあるような身近な存在ではなくなっている。これは、衛生的問題や交通の便が悪くなるなどの理由で、場所によっては屋台の出店が歓迎されないことによる。

現在は、縁日の屋台は非日常なワクワクする場所として人々に認知され、地域ごとの特色も強まっている。現在もその種類は年々増え続けており、新しい驚きを私たちに与え続けている。かき氷やリンゴ飴など以前からあった定番の品目に加え、からあげ、ジャガバター、牛串など、子供たちの嗜好に合わせた現代風のメニューが見られることが多くなった。屋台は、特別なイベントを盛り上げるとともに、子供たちの幼少期の思い出を彩る役割を担う重要な存在である。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top