回転寿司に行こう

JNCH106回転寿司

日本料理と言えば、寿司を思い浮かべる人が少なくないでしょう。それは日本人であってもそうでなくてもそう思う人が多いと思います。

しかし普通の寿司屋でどんどん寿司を頼んだらものすごく高くつきます。そこで普及したのが回転寿司です。

私の家の近所の回転寿司の店について言えば、普通飲食店は11:00営業が多いのに、その回転寿司は10:20から営業しているのです。

しかし10:20といえば昼食には早すぎる時間です。

そこで私は11:00に行ってみました。

すでにカウンター席にもテーブル席にも人がいっぱいいました。ひとりでも家族連れでも楽しめる席の配置も、よく考えてあります。

回転寿司はその名の通り店内のレーンを回る寿司を自分で取って食べるので、店員は私から見えるところにはレジにしか見当たりません。

また食べたいネタを注文するのもタッチパネルで、しばらく待って注文の品がレーンを流れるという、見るからにコストを削減しましたという仕組みの店なのです。

しかも価格が安い。

基本的に1皿2貫で100円。

タコ、イカ、サーモンなどの基本的なネタはもちろんのこと、トロも100円なのは驚きです。

また、カルビ焼肉など変わったネタも食べられます。高級店にはさすがにかないませんが、なかなか美味しいです。

さらにフルーツやケーキなども流れてくるので、デザートもばっちりです。

というわけでついついたくさん食べてしまいました。

友人の話だと夕方は17:00頃には並んでいるそうです。私は8皿ぐらいでお腹が膨れますが、友人は10皿を軽く超えて食べるそうです。

回転寿司を見ると、日本人ってやっぱり寿司が好きなんだなと思います。気軽に寿司を食べられるところ、それが回転寿司です。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top